働き方改革がスタートします!

2019年4月から、いよいよ働き方改革がスタートします。
様々なルールが改正されることになりますが、その中でも有給休暇に関連する、
【使用者による年次有給休暇の時季指定義務】について簡単に解説します。
 
 
年次有給休暇は、原則として労働者が請求する時季に与えることとされています。
しかし、職場への配慮やためらい等の理由から取得率が低いのが現状です。
そこで、確実に取得してもらうことを目的に、使用者が労働者の年次有給休暇の時季時期を指定していくルールが作られました。
この改正により、2019年4月から全ての企業において、年10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対して、年5日については、使用者が時季を指定して取得させることが必要になりました。
 
 
有給休暇の時季指定義務
図.改正前後のイメージ
 
 
※ 労働者が自分で5日取得する場合には、使用者の時季指定は不要です
※ 時季の時期については、労働者の意見を聴取・尊重する必要があります
※ 同じ日に多くの人が休むなど、事業運営に影響が出る場合には、使用者は時季を変更できます
 
 
これまでなかなか有給休暇を取得できなかった方は、この改正を機に取得率の向上が見込めますね。

有給休暇については、労働者側も会社側も自分たちの権利を主張するばかりではなく、しっかりコミュニケーションを取りながらお互いに気持ちよくルールを守っていくことが大切になると思います。

メディカルサフランでは、有給休暇が取りやすさやなど、現場の職場環境をよく知るキャリアアドバイザーがあなたのご希望にそった求人先をご案内致します。
気になることがございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

(参考:厚生労働省「年次有給休暇の時季指定義務」https://www.mhlw.go.jp/content/000350327.pdf)